RBN(REVERSE BEACON NETWORK)を利用してみました
2022.01.23
週末になると、ホームセンターにいそいそと出かけてアース棒を買ってきて、田んぼに打ち込むという行為が日常化してきましたね。今日も2本購入しましたので、合計7本になりました。

今日は、高周波アースの効果を客観的に確かめるべく、初めてRBN(REVERSE BEACON NETWORK)を利用してみました。試した時間帯は、この時期にEU方面にロングパスが開ける1700JST過ぎです。
結果は、EUにはかすりもしないで、OCに電波をばら撒いているような感じですね…。20dBを越える数値が出ていて、思いっきり飛んでいるような錯覚に陥ってしまいそうですが、受信する側のアンテナを想像すると常にJAに対して強い電波を送り込んでくる局が目立つので、勘違いしないようにしないといけないと思いました。

アース棒が集中する南東の方向に指向性が出ているのか、季節と時間帯によるものなのかよく分かりませんが、年間を通じて試していくことにより、今現在使用しているアンテナの良し悪しが客観的に判断出来て便利なツールだと思いました。

RBN(REVERSE BEACON NETWORK)を利用してみました
2022.01.23 23:27 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
今日のDX - OT4A, M0UNN, EA9ACD, II3WRTC, 4U1A & LA1MFA
2022.01.21
接地、グランド、高周波アース、ラジアル、エレベーテッドラジアル、カウンターポイズ等々、言葉は置いておいて、接地型アンテナを大地と仲良くさせて強い電波を出す方法論に関して、我が家の優秀な大地(給電部直下の田んぼ)においては一定の結論が出たと思っています。(ラジアルの類は不要、水田に打ち込んだアース棒だけで十分だという結論です)
でも、14MHzで一番強い電波を出そうと思ってエレメント長を5/8λ(13.3m)のサイズにしているのにもかかわらず、原因はよくわかりませんが14MHzが一番飛びが悪いのです。実は、Sメーターをブンブン振っている局に相手にされないという事を何回も経験していました。

そこで、上物のエレメント長を以前から試してみたかった15.56mに長くしてみました。そう、このサイズはG5RVの片側のエレメントと同じサイズなのです。G5RVのエレメントの片側を地中に埋めて、空中側のエレメントは逆Lにしているイメージです。

体感よりも、結果を提示すると、このアンテナで以下の局と交信出来ました。

---------------------------
OT4A 20m CW
M0UNN 20m CW
EA9ACD 17m CW
II3WRTC 17m CW
4U1A 20m CW
LA1MFA 40m CW

SFI=115 SSN=60 A=18 K=3
2022.01.21 23:50 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
QSL@JR4PUR #855 - A JH1CZL QSL
2022.01.20
QSL@JR4PUR #855 - A JH1CZL QSL
2022.01.20 21:47 | URL | QSL | Track Back (0) | Comments (0)
今日のDX - V31XX, KH2L, S57V & XV1X
2022.01.18
今日は、思うところあって、またまたエレベーテッドラジアルを外して水田に打ち込んだアース棒5本だけで運用してみました。
前回、地面に這わせたラジアルやエレベーテッドラジアルを撤去して普通にQSO出来た事を思い出して、そもそも特定のBANDに害を及ぼすと思われるエレベーテッドラジアルは必要ないのではないかと思ったのです。

結果は、PJ2NDを除いた国内のクラスターやRBNに上がった局とQSO出来ましたので、普通に使えていると思いました。
V31XXは去年の11月に交信済なのですが、よくありがちな、いわゆる『飛んでるチェック』をしてしまいましたね…前回よりも簡単にQSO出来た感があります。
これをもって(たったこれだけの結果でw)、我が家の大地は大変優秀であることを再認識しましたので、地面に這わせるラジアルや大地から浮かせたエレベーテッドラジアルに労力を注ぐよりも、地面に打ち込むアース棒の数を増やす為だけに時間やコストを費やした方がいいと思いました。(各BAND毎に張ろうと思っていたエレベーテッドラジアルは中止です)

---------------------------
V31XX 40m CW
KH2L 40m CW
S57V 30m CW
XV1X 40m CW

SFI=114 SSN=99 A=9 K=2
2022.01.18 23:59 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
Aki Specialアンテナのエレベーテッドラジアルに関して…
2022.01.16
接地アンテナの高周波アースやエレベーテッドラジアルをいじっていると、あんなことや、こんなことも試してみたくなり、どっぷりと深いスパイラルに陥ってしまい、本来の目的を見失いそうな今日この頃です…。

昨日の夕方から、地面を這わせたラジアルと1mの高さに張ったエレベーテッドラジアルを一旦撤去して、水田に打ち込んだ3本のアース棒だけで運用したところ普通にQSO出来きて、ラジアルを外す前と後でのATU(MFJ-993B)の挙動が同じなので、高周波アースの影響が強くてラジアル(特に地面を這わせた)はあまり仕事をしていないような感じがしました。

今日、アース棒を2本追加して、改めて7MHz用に10m、14MHz用に5mのエレベーテッドラジアルをそれぞれ2本づつ張ったところ、当該の周波数では明らかにオートアンテナチューナーの振る舞いが変わったので、地面から少しだけ浮かせたラジアルは、電気的に(高周波的に?)相当効果があるものだと思いました。
ただ、ハイバンドでは良く聞こえている割には飛んでいないような気がします。つまり、使用するBANDの1/4λ以上の長さのラジアルが悪さをして、200Wのパワーのほとんどを大地に喰われているような感じがするのです。
解決策として、次の週末には各BAND毎に応じた長さのエレベーテッドラジアルをそれぞれ2本づつ張ってみようと思っています。

はしごフィーダーで給電していると、各BANDで簡単にSWRが下がるので、全ての周波数で強い電波を出したいという実現不可能なスパイラルに陥ってしまっているのかも知れませんね。

・農業用水路の真上に張った7MHz用のエレベーテッドラジアルの先端、如何にも飛びそうな気がします…
Aki Specialアンテナのエレベーテッドラジアルに関して…
2022.01.16 23:28 | URL | Equipment
QSL@JR4PUR #854 - Shoyu Ramen
2022.01.16
QSL@JR4PUR #854 - Shoyu Ramen
2022.01.16 00:28 | URL | QSL | Track Back (0) | Comments (0)

- CafeNote -