DX Calendar by DXNews.com
2017.02.09
使いやすいDXカレンダーを見つけました。
いつも巡回しているブログの情報で知りました。

Codeを自分のサイトに貼りつけて使ってもいいみたいなので、早速TOPページに表示させるようにしました。
また、右サイドのLinksにも追加しました。

これは便利ですね。

http://www.jh1czl.net/dx_calendar.html

DX Calendar by DXNews.com
2017.02.09 00:10 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
今日のDX - R6AF, R7NF, UA3KW, R7CD, R17TCNY, V85TL and 9M2MCB
2017.02.08
今日は久しぶりに風が止んで静かだったので、1500JSTからSD330をノーマルのエレメントで振り出して17mから聞き始めました。

1630JSTまで17mにいましたが、QSO出来たのはUゾーンだけでした。
UA3やUA6までオープンしても、その奥は中々聞こえてきません。
諦めて20mに下りて3局とQSOして今日の無線はおしまいです。

余談ですが、UA3KWにコールサインをJH1CQLとコピーされてしまい、JH1 CZL CZL CZLと何回訂正しても、JH1CQLと返ってきて10回くらい自分のコールを打ちました。
やはり、ミスコピーされやすいサフィックスですね。

---------------------------
R6AF 17m CW
R7NF 17m CW
UA3KW 17m CW
R7CD 17m CW
R17TCNY 20m CW
V85TL 20m CW
9M2MCB 20m CW

SFI=72 SSN=11 A=7 K=1
2017.02.08 22:14 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
G4RCG - England
2017.02.08
去年の年末に7MHzと14MHzでQSOしたG4RCGがログインしていました。
QSLカードはM0OXOのOQRSでリクエストしました。

この便利なネットの時代に"紙のQSLカード"をビューロー経由だけで集めて、それが100枚そろったらCW DXCCを申請するつもりです。

何年かかるでしょうか?

DXCCは数十年単位で遊ぶ趣味。
ま、のんびりやっていきましょう…。

M0OXO OQRS Service
http://www.m0oxo.com/oqrs/logsearch.php

G4RCG - England
2017.02.08 00:24 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
やる気なし
2017.02.06
ついこの前、熱心に深夜までTL8TTを追いかけていたのが、週末は全く聞いていません。
風が強くてアンテナを振り出したくないのも理由の一つです。

今日も久しぶりにノーマルのエレメントを接続して18MHzを聞いていましたが、外でビュウビュウ風が吹く音が聞こえていたら落ち着いてワッチできないので、5分くらいでアンテナを収めて終了しました。

やる気なしと言いつつも、アンテナの事で一つ閃いたので、早速アマゾンで部材を調達しました。
横に釣り竿を伸ばしてエレメントの長さを確保するのは限界があるので、縦に伸ばしてみようという試みです。(最上階の角部屋を選んで幸いです)
14MHz以上のBANDは切り捨てて、10MHzをフルサイズに近い長さにしようと企んでいます。
また、横に突き出す釣り竿も、取り付けの方法を改善しようと思っています。

SD330の接地の改善も、具体的に如何するのか頭の中でまとまったので、部材の調達に秋葉原に赴く予定です。

何だかんだ言って、アンテナをいじっていますね。(苦笑い)
2017.02.06 23:38 | URL | 未分類 | Track Back (0) | Comments (0)
TL8TTを待ち伏せするも…
2017.02.04
10MHzでTU5MHがこの時間から聞こえていたので、夜更かししてTL8TTを待ち伏せしていましたが、見事に聞こえません。(苦笑い)
クラスタに上がってきたのは0143JSTですが、グレーラインに差しかかる前にQRVしてくれたら聞こえたような気がします。

私は早起きが苦手で、夜更かしは得意なのでこの時間まで起きていましたが、寝るとしましょう。
明日の朝はきっと盛り上がっているのでしょう…。

TL8TT
2017.02.04 01:58 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
今日のDX - H44LG, E51DWC and DU3LA
2017.02.04
今日(2/3 金曜日)は1540JSTから30mを聞き始めました。
いきなりパイルアップが広がっていて、何処かと思ったら10103.0KHzに出ていたZC4ZMでした。

ZC4ZMは数回呼んだだけで、すぐに20mにQSYしました。
14013.0KHzでJE1LGY局が運用するH44LGが聞こえていたので呼んでQSO。
QRZ.COMでは何故かUR7UDのPage managedになっていますが、OP MASAと打ってこられたので間違いないでしょう。

その後、14002.0KHzでE51DWCのCQが聞こえてきたのでQSO、この前の40mはログインしていました。(日付の間違いでした)
14010.0KHzで元VQ9LAのDU3LAとQSOしました。

2月に入って、夜の20mが若干賑やかになってきましたね。

---------------------------
H44LG 20m CW
E51DWC 20m CW
DU3LA 20m CW

SFI=75 SSN=40 A=21 K=4
2017.02.04 00:25 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
モールス練習ソフトを使用したCWの受信練習方法 - CWTW-Pro by JR4QPV
2017.02.02
覚書です。

JR4PUR時代にやっていた、CWの練習方法を思い出しました。
もちろん、40WPM(200字/分)超えの恐ろしいスピードで打ってくるDX局が何を言っているのか少しでも理解するためです。(完全にコピーは出来ませんが…)
パイルやCQでの指定や、QSY先が解るようになればQSOのチャンスが広がります。

JR4QPV局が提供されている、モールス練習ソフト「CWTW-Pro」の任意のテキストファイルを読み込んで符号にする機能を利用します。

http://jr4qpv.my.coocan.jp/

このテキストファイルに下記のように、自分のコールサインから始まって、CWでよく使用される略符号やQ符号を6個づつ記述します。
練習方法は、音を聞きながら表示されるテキストをぼんやり眺めて、今何を打っているのか見ながら毎日聞くだけです。

こうやって略符号を一つの塊としてリズムで覚えていきます。
完全に身体にしみこんだ符号はテキストから消していけば良いでしょう。

昔、JT1COが連発していた"CFM"は完全に身体が覚えてしまいました。
45WPMで"CFM"と打たれても一瞬で"CFM"と認識できます。
この一瞬で認識出来る語彙を増やしていくだけだと思います。
また、お空で聞いた苦手な(打たれたら一瞬固まってしまうような符号)符号を追加していきます。

私は数字の"7"と"8"が苦手で、RST 589と打たれたら一瞬固まってしまうので、テキストに"589"や"579"を入れています。(苦笑い)

コツは、いきなり36WPM(180字/分)から聞き始めて、次の日は181字/分にスピードを上げて、毎日1字/分づつスピードを速くしていきます。
この荒療治により、いつの間にか30WPMは遅く感じられ、40WPMを超える恐ろしいスピードで何か打たれも、少なくとも何を言っているのかある程度解るようになります。

私は、599TU専門でCW DXCC集めが目的なので、ラバースタンプQSOを好んでするつもりはありませんが、少なくとも"CQ USA"と打っている局を呼び倒すことは無くなりました。(苦笑い)

--------------------------- 練習用テキスト ---------------------------

JH1CZL JH1CZL JH1CZL JH1CZL JH1CZL JH1CZL
6M 6M 6M 6M 6M 6M
10M 10M 10M 10M 10M 10M
12M 12M 12M 12M 12M 12M
15M 15M 15M 15M 15M 15M
17M 17M 17M 17M 17M 17M
20M 20M 20M 20M 20M 20M
30M 30M 30M 30M 30M 30M
40M 40M 40M 40M 40M 40M
80M 80M 80M 80M 80M 80M
160M 160M 160M 160M 160M 160M
50MHZ 50MHZ 50MHZ 50MHZ 50MHZ 50MHZ
28MHZ 28MHZ 28MHZ 28MHZ 28MHZ 28MHZ
24MHZ 24MHZ 24MHZ 24MHZ 24MHZ 24MHZ
21MHZ 21MHZ 21MHZ 21MHZ 21MHZ 21MHZ
18MHZ 18MHZ 18MHZ 18MHZ 18MHZ 18MHZ
14MHZ 14MHZ 14MHZ 14MHZ 14MHZ 14MHZ
10MHZ 10MHZ 10MHZ 10MHZ 10MHZ 10MHZ
7MHZ 7MHZ 7MHZ 7MHZ 7MHZ 7MHZ 7MHZ
3.5MHZ 3.5MHZ 3.5MHZ 3.5MHZ 3.5MHZ 3.5MHZ
1.8MHZ 1.8MHZ 1.8MHZ 1.8MHZ 1.8MHZ 1.8MHZ
569 569 569 569 569 569
579 579 579 579 579 579
589 589 589 589 589 589
7 7 7 7 7 7
8 8 8 8 8 8
88 88 88 88 88 88
[AC] [AC] [AC] [AC] [AC] [AC]
[AS] [AS] [AS] [AS] [AS] [AS]
[VA] [VA] [VA] [VA] [VA] [VA]
ABT ABT ABT ABT ABT ABT
AF AF AF AF AF AF
AGN AGN AGN AGN AGN AGN
ALL ALL ALL ALL ALL ALL
ALSO ALSO ALSO ALSO ALSO ALSO
AMP AMP AMP AMP AMP AMP
ANI ANI ANI ANI ANI ANI
ANT ANT ANT ANT ANT ANT
AS AS AS AS AS AS
AT AT AT AT AT AT
73 AWDH AWDH AWDH AWDH AWDH AWDH
BAND BAND BAND BAND BAND BAND
BCNU BCNU BCNU BCNU BCNU BCNU
BIG BIG BIG BIG BIG BIG
[BT] [BT] [BT] [BT] [BT] [BT]
BTR BTR BTR BTR BTR BTR
BTU BTU BTU BTU BTU BTU
BTW BTW BTW BTW BTW BTW
BURO BURO BURO BURO BURO BURO
CALL CALL CALL CALL CALL CALL
CFM CFM CFM CFM CFM CFM
CIAO CIAO CIAO CIAO CIAO CIAO
CITY CITY CITY CITY CITY CITY
CL CL CL CL CL CL
CLD CLD CLD CLD CLD CLD
CLDY CLDY CLDY CLDY CLDY CLDY
CLG CLG CLG CLG CLG CLG
CLR CLR CLR CLR CLR CLR
CNT CNT CNT CNT CNT CNT
CONDX CONDX CONDX CONDX CONDX CONDX
CPI CPI CPI CPI CPI CPI
CU CU CU CU CU CU
CUD CUD CUD CUD CUD CUD
CUL CUL CUL CUL CUL CUL
CW CW CW CW CW CW
DAY DAY DAY DAY DAY DAY
DP DP DP DP DP DP
DR DR DR DR DR DR
DSW DSW DSW DSW DSW DSW
DWN DWN DWN DWN DWN DWN
EAST EAST EAST EAST EAST EAST
ELE ELE ELE ELE ELE ELE
EU EU EU EU EU EU
FER FER FER FER FER FER
FINE FINE FINE FINE FINE FINE
FM FM FM FM FM FM
FREQ FREQ FREQ FREQ FREQ FREQ
GB GB GB GB GB GB
GD GD GD GD GD GD
GN GN GN GN GN GN
GND GND GND GND GND GND
GP GP GP GP GP GP
GUD GUD GUD GUD GUD GUD
HI HI HI HI HI HI
HNY HNY HNY HNY HNY HNY
HPE HPE HPE HPE HPE HPE
HQ HQ HQ HQ HQ HQ
HR HR HR HR HR HR
HRD HRD HRD HRD HRD HRD
HV HV HV HV HV HV
HVE HVE HVE HVE HVE HVE
HVY HVY HVY HVY HVY HVY
IN IN IN IN IN IN
IOTA IOTA IOTA IOTA IOTA IOTA
IT IT IT IT IT IT
KHZ KHZ KHZ KHZ KHZ KHZ
LAST LAST LAST LAST LAST LAST
DR LBR LBR LBR LBR LBR LBR
LID LID LID LID LID LID
LIKE LIKE LIKE LIKE LIKE LIKE
LKG LKG LKG LKG LKG LKG
LP LP LP LP LP LP
LSN LSN LSN LSN LSN LSN
LTL LTL LTL LTL LTL LTL
LW LW LW LW LW LW
MH MH MH MH MH MH
MHZ MHZ MHZ MHZ MHZ MHZ
MI MI MI MI MI MI
MNI MNI MNI MNI MNI MNI
MOVE MOVE MOVE MOVE MOVE MOVE
MTRS MTRS MTRS MTRS MTRS MTRS
MV MV MV MV MV MV
NA NA NA NA NA NA
NAME NAME NAME NAME NAME NAME
ND ND ND ND ND ND
NEXT NEXT NEXT NEXT NEXT NEXT
NG NG NG NG NG NG
NICE NICE NICE NICE NICE NICE
NIL NIL NIL NIL NIL NIL
NITE NITE NITE NITE NITE NITE
NO NO NO NO NO NO
NORTH NORTH NORTH NORTH NORTH NORTH
NW NW NW NW NW NW
OC OC OC OC OC OC
OF OF OF OF OF OF
OM OM OM OM OM OM
ON ON ON ON ON ON
ONLI ONLI ONLI ONLI ONLI ONLI
OPEN OPEN OPEN OPEN OPEN OPEN
OT OT OT OT OT OT
OUT OUT OUT OUT OUT OUT
PED PED PED PED PED PED
FB PRIMA PRIMA PRIMA PRIMA PRIMA PRIMA
PSE PSE PSE PSE PSE PSE
PSED PSED PSED PSED PSED PSED
PWR PWR PWR PWR PWR PWR
QRA QRA QRA QRA QRA QRA
QRH QRH QRH QRH QRH QRH
QRL ? QRL ? QRL ? QRL ? QRL ? QRL ?
QRM QRM QRM QRM QRM QRM
QRN QRN QRN QRN QRN QRN
QRO QRO QRO QRO QRO QRO
QRP QRP QRP QRP QRP QRP
QRQ QRQ QRQ QRQ QRQ QRQ
QRS QRS QRS QRS QRS QRS
QRT QRT QRT QRT QRT QRT
QRU QRU QRU QRU QRU QRU
QRX QRX QRX QRX QRX QRX
QSB QSB QSB QSB QSB QSB
QSO B4 QSO B4 QSO B4 QSO B4 QSO B4 QSO B4
QSP QSP QSP QSP QSP QSP
QSX QSX QSX QSX QSX QSX
QSY QSY QSY QSY QSY QSY
QTC QTC QTC QTC QTC QTC
RAIN RAIN RAIN RAIN RAIN RAIN
REPT REPT REPT REPT REPT REPT
RIG RIG RIG RIG RIG RIG
RNG RNG RNG RNG RNG RNG
RPT RPT RPT RPT RPT RPT
RST RST RST RST RST RST
RTTY RTTY RTTY RTTY RTTY RTTY
SA SA SA SA SA SA
SAN SAN SAN SAN SAN SAN
SAYONARA SAYONARA SAYONARA SAYONARA SAYONARA SAYONARA
SIG SIG SIG SIG SIG SIG
SIGS SIGS SIGS SIGS SIGS SIGS
SK SK SK SK SK SK
SKED SKED SKED SKED SKED SKED
SN SN SN SN SN SN
SO SO SO SO SO SO
SOLID SOLID SOLID SOLID SOLID SOLID
SOUTH SOUTH SOUTH SOUTH SOUTH SOUTH
SRI SRI SRI SRI SRI SRI
SSB SSB SSB SSB SSB SSB
STN STN STN STN STN STN
SURE SURE SURE SURE SURE SURE
SVC SVC SVC SVC SVC SVC
TAKE TAKE TAKE TAKE TAKE TAKE
TDA TDA TDA TDA TDA TDA
TEMP TEMP TEMP TEMP TEMP TEMP
THIS THIS THIS THIS THIS THIS
TIME TIME TIME TIME TIME TIME
TKS TKS TKS TKS TKS TKS
TMW TMW TMW TMW TMW TMW
TO TO TO TO TO TO
TOKYO TOKYO TOKYO TOKYO TOKYO TOKYO
TT TT TT TT TT TT
UFB UFB UFB UFB UFB UFB
USA USA USA USA USA USA
USE USE USE USE USE USE
VERT VERT VERT VERT VERT VERT
VFB VFB VFB VFB VFB VFB
VIA VIA VIA VIA VIA VIA
TNX VLN DK VLN DK VLN DK VLN DK VLN DK VLN DK
VY VY VY VY VY VY
WEST WEST WEST WEST WEST WEST
WKD WKD WKD WKD WKD WKD
WL WL WL WL WL WL
WPM WPM WPM WPM WPM WPM
WX WX WX WX WX WX
XYL XYL XYL XYL XYL XYL
YAGI YAGI YAGI YAGI YAGI YAGI
YDA YDA YDA YDA YDA YDA
YL YL YL YL YL YL
JH1CZL JH1CZL JH1CZL JH1CZL JH1CZL JH1CZL

モールス練習ソフト - CWTW-Pro by JR4QPV


モールス練習ソフト - CWTW-Pro 環境設定画面
2017.02.02 21:16 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (2)
昨夜のDX - TU5MHは弱く、TL8TTは聞こえず
2017.02.02
昨夜、(本日の)0100JSTから30mでTU5MHが聞こえ始めましたが、昨日と比べて信号が弱く、空耳QSOした0205JSTになっても信号が上がらなかったので諦めて一旦QRTしました。

あらためて0430JSTから聞き始めると、TU5MHは7022.0KHzにQSYしていて、ここでも弱くとても呼べる状態ではありません。
7018.0KHzにTL8TTが出ているのですが、私の設備では聞こえませんでした。

結局、TU5MHとはQSOならず、一昨日の行動が悔やまれますが、1.5mのエレメントで西アフリカにも電波が届いていますので前向きに考えましょう。

---------------------------
SFI=76 SSN=42 A=29 K=5
2017.02.02 11:06 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
TU5MH - Not in the log
2017.02.01
昨夜(今日の0205JST)QSO出来たと思ったTU5MHは、不合格でした。
どんな間違いをしたのか確認すると、"JH1KZL"でログインしています。
"C"と"K"、短点が欠けたようです…そんなに大きなパイルじゃなかったので、念のためCZL CZLと繰り返せばよかった、あれほど注意しようねと自分に言い聞かせたのに…情けない…後悔しています。

今日が最後でしたっけ?今宵もチャレンジしてみましょう。

TU5MH - Not in the log
2017.02.01 09:57 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)

- CafeNote -