Amanda - Mike Masse
2016.11.11
ボストンのアマンダのカバーでは、この人の歌声が大好きです。
今は亡き、David BowieのSpace Oddityのカバーも秀逸です。

2016.11.11 22:57 | URL | Music | Track Back (0) | Comments (0)
再開局のきっかけ
2016.11.10
今日の日中は、銀行様に呼び出されて久しぶりにスーツを着て外出していました。
早く着いたので時間潰しに最寄りのBook Offに入って、古いCQ誌は置いていないかなと散策していました。

Book Offに置いてあったCQ誌…正に再開局のきっかけです。

丁度、11年前に出張先の愛媛県松山市のBook Offで、たまたま古いCQ誌を発見して何気に買って読んだのを思い出しました。
今現在のアマチュア無線の様子や懐かしい思い出がよみがえります、そして憧れであったDXの記事を読みあさりました。
当時私はコールサインを失効していたのですが、旧コールサインが復活出来るシステムがあることを誌面の情報で知りました。

早速、松山市にある永田無線に行き、詳しくお聞きしました。
局免があれば何とかなるとのことでしたので、実家から局免とTS-530Sを取り寄せてJR4PURで再開局することが出来ました。

その節は大変お世話になりました。
ありがとうございます。

再開局すると、Online Log Searchという便利なツールが出回っていて、関心を持ちました。
この辺のお話は、また別の機会に…。

永田無線
http://www.nagatamusen.com/
2016.11.10 22:10 | URL | 未分類 | Track Back (0) | Comments (0)
EA8TL - Canary Islands
2016.11.10
20mのロングパスでQSOしたカナリア諸島です。
何故モービルホイップなのにL/Pと解るかというと、親切な人がクラスタで教えてくれたり、本人もCQ LPと打っているからです。

最初は、SD-330を設置してから間もない10月12日に30mで発見したのですが"空耳"によりQSOには至らず、次の日に20mで交信出来ました。
最近もよく聞こえていますが、以前より信号が強い日もあります。

EA8TL - Canary Islands
2016.11.10 21:05 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
4I7COW - Philippines
2016.11.10
昨日は2100JST前に異様な眠気に襲われて、寝てしまったので無線はやっていません。
たまに、その辺の小学生よりも早く寝ることがあります。

今日は、1610JSTからQRVしました。
14010.0KHzで4I7COWのCQが聞こえてきたので呼んでQSO。
KC0W Tom氏によるフィリピンからの運用のようです。

彼の運用を初めて聞いたのはZD7Xです。
教科書通り、真夏の深夜に18MHzでQSBを伴って聞こえてきたのを覚えています。(QSOには至らず)
マナーの悪い局には容赦なく「お仕置き」をする局で有名ですね…大好きです。

さて、同時刻には14019.0KHzにS01WS 西サハラが出ていましたが信号が弱く、2~3回呼びましたがリターンが解りづらかったので止めました、やがてJAのクラスタに上がりました。
30mにQSYするも誰もいない…寂しいものです。
陽が落ちたので、4I7COWやXU7MDCがQSYしてくるかもと待っていましたが少し早かったようです。
この時間、30mと40mに4U1ITUが出ているようですが、当方の設備では聞こえませんでした。

ここで一旦QRX

2020JST、30mを聞くと10114.0KHzでEX8MのCQが聞こえてきたのでコールするもQSOに至らず、一応、..--..と打ってきたので電波は届いている様子です。

最近、飛ばない事を実感させられています。
は、いかん、私はアパマンハムでした…多くを望まず、マイペースでのんびりやっていきましょう。


【追記】
ブログを書き終えてから30mを聞くと爆発していました。

10105.0KHzのXU7MDCは頑なにUSA指定、呼び倒しているJA局がいらしたので老婆心ながら"Only USA"とコメントを入れてクラスタに上げました。

LZ960SPAは最初10109.0KHzにいたと思います。
今宵の30mは珍しく満員電車、あちこちウロウロしていましたが、結局10102.0KHzに落ち着いたようで、この周波数でQSO出来ました。

KH2FはQRZ.COMによるとJA2TBS局の運用とのこと、強力に入感していました。

10110.0KHzのSN4KIDSは蚊の鳴くような信号で、呼べる状態ではありませんでした。

その後、10119.0KHzに出てきたJY9FCは弱いながらも聞こえていて数回コールするも、JAのクラスタに上がってしまったので呼ぶのを止めました。

冬の夜がいつもこんなCONDXだったらいいですね。

---------------------------
4I7COW 20m CW
LZ960SPA 30m CW
KH2F 30m CW

SFI=80 SSN=12 A=7 K=2
2016.11.10 20:52 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
また台風発生…
2016.11.10
また台風発生です。
真っ直ぐ硫黄島に向かっています。

右か左に曲がってくれないかな…。

また台風発生…
2016.11.10 09:20 | URL | 未分類
SFI, SSN, A-Index and K-Index
2016.11.09
覚書です。

太陽黒点数(サンスポットナンバー)ばかり気にしていて、他の指標はいまいちよく解らなかったのですですが、すごく解り易い言い回しをされている方がいらっしゃったので、私の言葉でこっそり記しておきます。

・SFIとSSNは太陽の都合
・A-IndexとK-Indexは地球の都合

・K-Index: 0が最も静か、9は猛烈な地磁気嵐、HF通信には3以下が望ましい
・A-Index: K-Index8回分の合計、0~7静か、HF通信には15以下が望ましい

・短期的にはKとAを見よ

黒点数が多く太陽の都合が良くても、地球の都合が悪いとCONDXは良くないと理解しました。

因みに今日は、SFI=77 SSN=24 A=4 K=1です。
地球の都合は良くても、太陽の都合が悪いですね。
2016.11.09 00:12 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
FW5JJ - Wallis and Futuna Islands
2016.11.08
TK5JJの運用による、ウォリス・フツナ諸島です。
クラスタに上がって若干パイルになっていましたが、しばらく待っていれば14MHzでの南の島はJA勢はすぐに枯れてしまいます。(失礼)

それにしても、凄い数のModeですね。

FW5JJ - Wallis and Futuna Islands
2016.11.08 20:49 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
週一回は凹みます
2016.11.08
今日、30mでクラスタに上がっていないXU7MDCとV63AJのCQを発見するも、呼んでも音沙汰なし、..--..やQRZすら打たれません。
普通の局とは環境が違うと解っていても凹みますね。

時間は前後しますが、20mの14013.0KHzでA31MMのCQを発見、QSO済なのでクラスタに上げるも、しばらくしてQSY QSYと打ちながら(送信しながら)徐々に500Hz上にQSYしました。(こういうテクニックは見習いたいです)
後でわかったのですが14012.9KHzに6V1ISが出ていたのですね、私の設備では聞こえませんでした。
一方、14019.0KHzのTZ4AMは弱いながらも聞こえていましたので参戦するも、すぐに親切な局がJAのクラスタに上げたため呼ぶのを断念、BLT様ご来場では勝ち目はありません。

ウォーキングに出かけようと外に出ると雨が降ってきたので中止、今日は踏んだり蹴ったりの日でした。

---------------------------
BX2AK 20m CW
HB9BQR 20m CW
2016.11.08 20:12 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
A31MM - Tonga
2016.11.07
先日、20mでQSO出来たA31MMも合格していました。
JA6WFM局による運用だったのですね、後から知りました。

A31MM - Tonga
2016.11.07 23:29 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)

- CafeNote -