XX9TKB - Macao
2016.12.02
XX9TKBとXX9TXNによるマカオからの運用は、30mでXX9TKBとQSO出来ただけです。
次は来年の2月13日~26日にドイツ人チームによる運用が予定されているようです。

http://dx-world.net/xx9-macao-2017/

XX9TKB - Macao
2016.12.02 23:53 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
R26MDXC - European Russia
2016.11.20
R26MDXC、カリーニングラードは今月の30日まで運用するようですが、20m~40mでQSO出来たので〆ます。
今日の夕方には7MHzで59+で大変強力に入感していました。

毎日聞こえてくる沢山のロシア局の中から、たまにカリーニングラードを発見すると茶柱が立ったような感じで気分がいいですね。

【追記】
R26MDXCはカリーニングラードではないと思われます。

QRZ.COMのカントリーの表示はKaliningradとなっていますが、QSLカードの画像やアドレスはMillerovo, Russia(ウクライナのすぐ近くのミレロボ)となっています。
また、QSLカードにWAZ:16と印刷されていますから間違いないと思います。(カリーニングラードはWAZ:15)

どうやら、ぬか喜びだったようです…残念。

R26MDXC - Kaliningrad
2016.11.20 00:05 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
XU7MDC - Cambodia
2016.11.17
カンボジアいつの間にか終わっていました。
あるブログで〆の発表をされているのを見て気がつきました。

結局、初日に出来た14MHzだけです。
縄張りの7-10MHzでQSOしたかったのですが、あまり信号が強くなかった日が多かったと思います。

XU7MDC - Cambodia
2016.11.17 11:57 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
4I7COW - Philippines
2016.11.16
KC0W Tom氏によるフィリピンからの運用です。
まだQRV中ですが、18MHz以上では呼ぶ気が無いので〆ます。

QRZ.COMの情報によると、TG/KCØW - GuatemalaへのDXpeditionは、3CØと3Cに行く可能性があるためキャンセルとのこと。

こりゃまた随分遠くへ遠征されるようです、鬼門の西アフリカです。
QSO出来たらいいですね。

4I7COW - Philippines
2016.11.16 00:37 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
EA8TL - Canary Islands
2016.11.10
20mのロングパスでQSOしたカナリア諸島です。
何故モービルホイップなのにL/Pと解るかというと、親切な人がクラスタで教えてくれたり、本人もCQ LPと打っているからです。

最初は、SD-330を設置してから間もない10月12日に30mで発見したのですが"空耳"によりQSOには至らず、次の日に20mで交信出来ました。
最近もよく聞こえていますが、以前より信号が強い日もあります。

EA8TL - Canary Islands
2016.11.10 21:05 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
FW5JJ - Wallis and Futuna Islands
2016.11.08
TK5JJの運用による、ウォリス・フツナ諸島です。
クラスタに上がって若干パイルになっていましたが、しばらく待っていれば14MHzでの南の島はJA勢はすぐに枯れてしまいます。(失礼)

それにしても、凄い数のModeですね。

FW5JJ - Wallis and Futuna Islands
2016.11.08 20:49 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
A31MM - Tonga
2016.11.07
先日、20mでQSO出来たA31MMも合格していました。
JA6WFM局による運用だったのですね、後から知りました。

A31MM - Tonga
2016.11.07 23:29 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
ZL7G - Chatham Islands
2016.11.07
G3TXFら英国勢によるチャタム諸島からの運用です。
まだ運用中ですが、18MHz以上のBANDで交信する気が無いので〆ます。

G3TXFの運用を初めて聞いたのはJR4PUR時代、YJ0TXF - VanuatuからのQRVだったと思います。(T70A - San Marinoだったかな?)
当時私は14MHzと10MHzのライセンスを持っていなくて、日中は24MHzや18MHzでQSO出来たのですが、日没とともに14MHzや10MHzに下りて運用するのを指をくわえて見ていた(聞いていた)記憶があります。

このことが切っ掛けで、一躍奮起して上級ライセンスにチャレンジした次第です。

ZL7G - Chatham Islands
2016.11.07 21:46 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
UC2K - Kaliningrad
2016.11.06
10月23日に20mでQSOしたUC2Kも無事にログインしていました。

ロシア局のコールサインでプリフィックスに数字の"2"が入っていても、QTHがカリーニングラードではない局が結構いますが、この局は本物(?)でした。

早速、Club LogのOQRSとやらでBURO経由のボタンをポチっと押しときました。

UC2K - Kaliningrad
2016.11.06 22:24 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)

- CafeNote -