KH1/KH7Z - Baker & Howland Is.
2018.07.06
夏風邪も大分落ち着いて、眠れないので久しぶりに冷たい白ワインを飲りながら夜更かししています…。
私が風邪と格闘している最中に、何時の間にか終わっていましたKH1/KH7Z - Baker Island(ベーカー島)ですが、16年ぶりのQRVということで、怒涛のパイルアップの前にはモービルホイップでは厳しい戦いを強いられるかもと危惧していましたが、結果は5BANDでQSO出来ましたので大満足です。

いわゆるDXCCの上がり組が大半を占めるこの遊びにおいて、ここ最近のDXペディションは、1.8MHzや3.5MHz、50MHzなど、難しいBANDの需要を満たす為の運用が目立っていると感じていましたが、このチームは14MHzのCWを常時運用していたのが印象的でした。
太陽黒点数がボトムのこの次期、しごく必然だったのだと思いますが、逆に、EUには全く電波が届かないだろうと思われる、24MHzと28MHzでのCWの運用時間が短かったのは仕方のない事ですね。(ようやく両BANDのCWに出始めた頃、私は夏風邪のおかげでやる気を失っていました…)
また、FT8という新しい遊びに時間を費やしていたのが印象に残ったペディションでした。

何れにせよ、KH1はATNOでしたので貴重な1UPです。

2018.07.06 01:08 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
GT4FOC - Isle of Man
2018.05.27
一昨日、18MHzでQSOしたGT4FOC - Isle of Man(マン島)が無事にログインしていました。
オペレーターはMD0CCEだったようですね。
Club LogにはOQRSのボタンが無かったのですが、下記のサイトからQSLカードをリクエストすることが出来ました。

http://www.g3swh.org.uk/

GT4FOC - Isle of Man
2018.05.27 12:55 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
C98RRC - Inhaca Island, Mozambique (IOTA AF-066)
2018.05.08
昨日の怪しかった(?)C98RRC - Inhaca Island, MozambiqueとのQSOが無事にログインしていました。
日本でも「インハカ島」と認知されているようですが全然聞いたことがないですね…。

C98RRC - Inhaca Island, Mozambique (IOTA AF-066)
2018.05.08 18:05 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
C96RRC - Mozambique
2018.05.04
先日、18MHzで交信したC96RRC - Republic of Mozambique(モザンビーク共和国)が無事にログインしていました。
何も考えずに適当に、UP 2.6で呼んだらコールバックがありました。(たまに、このような偶然があるから楽しいのです…)
勿論、ATNOなので嬉しい1UPです。

C96RRC - Mozambique
2018.05.04 20:10 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
MD0CCE - Isle of Man
2018.05.01
昨日、14MHzでQSOしたMD0CCE - Isle of Man(マン島)が無事合格していました。
新参者の私にとっては、若干インフレ気味のペディション局とQSOするよりも、現地局でたまにしかQRVしない局との交信の方が難しいかも知れませんね。

MD0CCE - Isle of Man
2018.05.01 21:41 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
RI1ANL - Novolazarevskaya Base, Antarctica
2018.04.30
ロシアの南極基地、Novolazarevskaya Base(英語表記:Molodyozhnaya Station)とのQSOが無事合格していました。
JAからは、ケルゲレン諸島の奥(南アフリカ共和国の真南)なのですが、ショートパスなのかロングパスでのQSOなのか、モービルホイップ族の私には知る由もありません…。

RI1ANL - Novolazarevskaya Base, Antarctica
2018.04.30 22:16 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
3B7A - Agalega & St. Brandon Is.
2018.04.21
ATNOだった3B7A - Agalega & St. Brandon Is.とは、結局18MHzだけの寂しい結果に終わりました。
21MHz~28MHzにQRV出来ないのは痛いですね…。
何せ、私はめんどくさがり屋なので、アンテナのエレメントをいちいち交換するなんてことはしたくないです。
SD330をクビにして、CG-3000を買おうかと最近本気で思っています。

3B7A - Agalega & St. Brandon Is.
2018.04.21 21:26 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (2)
VA7XW/VE2 - Havre Aubert Island, Canada (IOTA NA-038)
2018.04.09
昨日、Zone 2と交信出来たと思って喜んでいましたVA7XW/VE2 - Havre Aubert Island, Canadaですが、詳しく調べてみるとZone 2ではなく、その奥のZone 5でした。
何れにせよ、JAからはQSOが難しそうな場所ですから素直に喜ぶべきなんですが、悪名高い(?)Zone 2の名前が先行してしまい複雑な気持ちです…。

4/10~4/17に予定されている、VE7ACN/VE2 - Harrington Island (NA-084)は本物の(?)Zone 2なので交信出来たらいいですね。

VA7XW/VE2 - Havre Aubert Island, Canada (IOTA NA-038)
2018.04.09 16:56 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
TJ2TT - Republic of Cameroon
2018.03.25
本日、蚊の鳴くような信号でQSOした、TJ2TT - Republic of Cameroon(カメルーン共和国)との交信が、オンラインログを確認すると無事に合格していました。(リアルタイムのログだったみたいですね)
モービルホイップでも交信出来たのは、地上高35mのおかげでしょう…二年前に決断したロケーションに間違いは無かったと思っています。
恐らく、ロングパスだと思いますが、建物の裏側なんですよね…。(アパマンハムの『あるある』の一つでしょうか?)

TJ2TT - Republic of Cameroon
2018.03.25 20:01 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)

- CafeNote -