YJ0GC - Vanuatu
2018.11.04
YJ0GC - Republic of Vanuatu(バヌアツ共和国)は昨日で終わりだったと思いますので〆ます。
このエンティティーは、近場でいつも誰かが運用しているイメージですので、特に追いかけはしていなかったのですが、何となく7MHz~14MHzの3BANDでQSO出来ました。
JR4PUR時代に初めてバヌアツのコールを聞いた時は、超珍局だと思って鼻息を荒くしたものですが、今ではこの扱いです…。(失礼)

YJ0GC - Vanuatu
2018.11.04 11:34 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
VK9XG - Christmas I.
2018.11.01
VK9XG - Christmas I.(クリスマス島)は、特に追いかけていませんでしたが、14MHzと18MHzの2BANDでQSO出来ました。
サフィックスが"XG"なので、いつも海外で運用されていらっしゃる"あの方"かと思っていましたが、英国勢による運用だったみたいですね。
あらためて地図を見ると本国VKから随分離れていて、また、現地から見た南米大陸が恐ろしいことになっていますね…。

VK9XG - Christmas I.
2018.11.01 19:47 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
VP6D - Ducie I.
2018.10.30
VP6D - Ducie I.(デュシー島)とは、私の縄張り全て(7MHz~18MHz)で交信出来ましたので、まだQRV中ですが〆ます。
21MHzより上のBANDも、アンテナを付け替えたらQRV可能ですが、めんどくさいので放置でいいでしょう。
QSOした後、1~2分後に自分のコールサインがDXAに表示されることに快感を覚えましたよ…。

VP6D - Ducie I.
2018.10.30 10:37 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
ZD9CW - Tristan da Cunha & Gough I.
2018.10.22
ZD9CW - Tristan da Cunha & Gough I.(トリスタンダクーニャ&ゴフ島)は、今日までだったと思いますので〆ます。
まさかこの局とQSO出来るとは夢にも思っていませんでした。
偶然、7MHzでロングパスの信号をJAのクラスタに上がる前に発見して、ノーパイルで交信出来たのはラッキーでしたね。
OQRSボタンをポチっと押しておきましたので、数年後に届く紙のQSLカードが楽しみです。

ZD9CW - Tristan da Cunha & Gough I.
2018.10.22 14:41 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
E6Y - Niue
2018.10.18
ATNOだった、E6Y - Niue(ニウエ)もいつの間にか終わっていましたね。
この局とは14MHz~18MHzの2BANDでQSO出来ました。
この交信もビューロー経由でOQRSをリクエストしました。

E6Y - Niue
2018.10.18 14:47 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
5W0GC - Samoa
2018.10.18
何時の間にか終わっていました、5W0GC - Independent State of Samoa(サモア独立国)とは7MHz~14MHzの3BANDでQSO出来ました。
OQRSをビューロー経由でリクエストしておきました。
何年か経った忘れた頃に届くでしょう…。

5W0GC - Samoa
2018.10.18 14:32 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
TO6OK - Mayotte
2018.10.06
TO6OK - Mayotte(マヨット)とは18MHzで交信できました。
下のBAND(10MHz~14MHz)でもQSOの機会はあったと思うのですが、飲みに出かけている時間帯なので自らチャンスを潰していたわけです。(苦笑い)
因みに、Wikipediaを見るまでは「マヨッテ」と発音するものと思っていましたが、「マヨット」なんですね…。

TO6OK - Mayotte
2018.10.06 10:24 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
KH1/KH7Z - Baker & Howland Is.
2018.07.06
夏風邪も大分落ち着いて、眠れないので久しぶりに冷たい白ワインを飲りながら夜更かししています…。
私が風邪と格闘している最中に、何時の間にか終わっていましたKH1/KH7Z - Baker Island(ベーカー島)ですが、16年ぶりのQRVということで、怒涛のパイルアップの前にはモービルホイップでは厳しい戦いを強いられるかもと危惧していましたが、結果は5BANDでQSO出来ましたので大満足です。

いわゆるDXCCの上がり組が大半を占めるこの遊びにおいて、ここ最近のDXペディションは、1.8MHzや3.5MHz、50MHzなど、難しいBANDの需要を満たす為の運用が目立っていると感じていましたが、このチームは14MHzのCWを常時運用していたのが印象的でした。
太陽黒点数がボトムのこの次期、しごく必然だったのだと思いますが、逆に、EUには全く電波が届かないだろうと思われる、24MHzと28MHzでのCWの運用時間が短かったのは仕方のない事ですね。(ようやく両BANDのCWに出始めた頃、私は夏風邪のおかげでやる気を失っていました…)
また、FT8という新しい遊びに時間を費やしていたのが印象に残ったペディションでした。

何れにせよ、KH1はATNOでしたので貴重な1UPです。

2018.07.06 01:08 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
GT4FOC - Isle of Man
2018.05.27
一昨日、18MHzでQSOしたGT4FOC - Isle of Man(マン島)が無事にログインしていました。
オペレーターはMD0CCEだったようですね。
Club LogにはOQRSのボタンが無かったのですが、下記のサイトからQSLカードをリクエストすることが出来ました。

http://www.g3swh.org.uk/

GT4FOC - Isle of Man
2018.05.27 12:55 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)

- CafeNote -