5W7X - Samoa
2016.10.31
今日は1600JSTからワッチ開始、20mから聞き始めました。

DU2USが恐ろしいスピードでQSOしているのと、V85TLのCQが聞こえるくらいです。
14038.0KHzのTA7/OE1ZKCはうっすらとEU勢のパイルが聞こえる程度で、本人は聞こえません。

30mでは10126.0KHzでZL7Gがこの時間に聞こえていました。
まだJAのクラスタに上がっておらず、パラパラと呼んでいる局が聞こえる程度です。
40mのZL7Gはまだ聞こえない、私の設備で聞こえ始めたのは1630JST頃です。

この前20mに出ていたGU4YOXがZL7Gをクラスタに上げたので、もしかしたら出てくるかもしれないと思い、30mを聞いていました。
そのうちV6Zが10108.0KHzに現れCQを連発、親切なJA局がクラスタに上げるも、呼ぶ局はあまりいないみたい、そのうち160mにQSYすると打って逃亡しました。

それにしても、10129.0KHzでZL7Gを呼んでいたローカル局は59+ 60dBでメーターを振り切っていました。(後で調べると豊島区ではなく、スーパーローカルでもないのですが…ハテ?)
また、何故か10115.0KHzにも、この局の子供がいてDXのような信号で聞こえていました。(不思議です)

20mに戻ってワッチしていましたが、たいしたところは聞こえてこないので、今日はCONDXが悪いのかもしれないと、店じまいしようとした矢先、例のW3LPLのお告げが…
10107.0KHzに5W7Xが出ているので急行せよとのこと、QSYすると信号は弱いけれどしっかり聞こえていましたので呼んでQSO出来ました。
すぐにJAのクラスタに上がって徐々にパイルが始まってきました、ぎりぎりセーフです。

数字の5から始まるコールサインなので、どこの珍局かと思いドキドキしながらQRZ.COMで調べるとSamoaでした。(苦笑い、失礼)
日本人の運用でOPはJF1OCQ局とのことです、失礼致しました。
いい加減各国のプリフィックスを覚えないといけないですね。

しばらく散策していると、10110.0KHzでW1YL/7のCQが弱く聞こえるも、すぐにどこかに行ってしまいました。
さらに聞いていると、今度は10105.0KHzでW1YL/7のCQが聞こえてきました。
信号は弱いけれど、しっかり聞こえていたのでコールしましたが、私の電波は届かなかった様子、すぐにいなくなりました。
その後、同じ周波数でZL2AGYが強力に聞こえていました。

ここでアンテナを収めて店じまい。

1855JSTに、今度は5W0ST現るとW3LPLのお告げがありましたが、アンテナを振り出すのが面倒なので聞いていません。
後で調べるとJH1BED局の運用とのこと、また明日機会があればQSOしたいですね。

---------------------------
5W7X 30m CW
2016.10.31 21:18 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
5R8IC - Saint Marie Island, Madagascar
2016.10.31
DX-Worldによると、F6ICX Eric氏が5R8ICのコールサインでマダガスカル島の北西部の島、サント・マリー島(IOTA AF-090)から2016年11月6日~2017年2月4日の期間にCW主体で運用するとのことです。

我が家の得意な方向で、CWメインの運用ですから絶対1BAND以上QSOしたいですね。

http://dx-world.net/5r8ic-saint-marie-isl-madagascar/

5R8IC - Saint Marie Island, Madagascar
2016.10.31 01:01 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
3W2R - Vietnam
2016.10.30
3W2Rとは3BANDでQSO出来ました。

あちこちQSYするものだから、神出鬼没という言葉がピッタリのイメージです。
ZL7Gのように、目的が明確にEUとのQSOである運用は、出てくる時間やBANDも、ある程度予測出来るのですが、彼らの運用は目的が良く解らない印象でした。

でも、QSO有難う御座いました。
ご苦労様でした。

余談ですが、21MHz~24MHzが使えるようにカウンターポイズを別途張ったのは正解でした。
平日の昼間に、近場の運用を稼ぐのにはパイルも少なく有効ですね。

3W2R - Vietnam
2016.10.30 23:46 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
CQ Worldwide DX Contest, SSB
2016.10.29
今日は猫も杓子もマイクを握りしめている日。
そんな日にCWに出てくるZL7G…大好きです。
30mも40mも強力に入感していました。

---------------------------
ZL7G 30m CW
ZL7G 40m CW
2016.10.29 23:14 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
You Raise Me Up - Martin Hurkens
2016.10.29
You Raise Me Upのカバーではこの御仁の歌声が大好きです。

因みに、途中で"お布施"を入れている、ちびっ子達は"やらせ"ですね、別な曲でも登場していました。(冷めた目線ですいません)

2016.10.29 15:18 | URL | Music | Track Back (0) | Comments (0)
.htaccessの設定
2016.10.29
覚書です。

検索エンジンをこき使って、ようやく手に入れた貴重な情報です。
リダイレクトは同じサーバーで使っちゃダメ。
そもそも、jh1czl.netのドメインがWEB全体に染み渡るまでにコンテンツを上げた私が悪い。(Googleは、その日の内に見てはいけない物を容赦なく回収して行きました…)

jh1czl.example.ne.jpに飛んできた方をwww.jh1czl.netに飛ばす方法。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} jh1czl\.example\.ne\.jp
RewriteRule ^(.*)$ http://www.jh1czl.net/$1 [R=301,L]
2016.10.29 12:55 | URL | 未分類
3D2YA - Fiji (Mana Island, IOTA OC-121)
2016.10.29
JA1NLX局とJI1CNA局による3D2YAも無事ログインしていました。
私の弱小設備ではクラスタに上がっていても聞こえない日々が続いていたのですが、10MHzで発見した信号は強力に入感していました。

3D2YA - Fiji
2016.10.29 12:11 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
SD-330の使用感をレポート
2016.10.29
今日は雨のためアンテナを振り出せないので無線はお休みです。
ZL7Gも出ている様子で、PHONEは全くやらないのですが、CQ Worldwide DX Contest SSBの前日なので、CWで"飛びチェック"をしているDXがいると思い、是非QRVしたかったのですが残念です。

さて、SD-330を使用し始めて約一か月経ちました。

以前の環境(14階建てマンションの12階角部屋のベランダに設置した4m×4mのMDRF、地上高35mくらい、EUとNA方向に開けていてVK/ZLは建物の真裏)と比べた使用感になります。
今の環境はマンション12階の角部屋で高さは同じ35m位ですが、最上階なので上が開けています。
真北からVK/ZL方向は開けていて(西アフリカ方向にタワーマンションあり)、正面はインド洋から南AF方面になり、NA/SAは建物の裏側になります。

以前のようにアンテナを出しっぱなしに出来る環境ではないので、ポールを回転させてアンテナを振り出すように工夫しました。
定石通り、建物から電流の腹の部分が出来るだけ離れるように努めました。
カウンターポイズは5m×5本をベランダの床から10cmと20cm、外壁から10cm離した位置に3本と2本束ねた状態で張っています。

この条件でSD-330を使用していますが、驚いたのは7MHzの飛びです。
以前は全くパイルになっていない太平洋の島々を呼んでも、結構QRZを打たれてトラウマになっていて、7MHzにはほとんどQRVしていませんでした。
ところが、SD-330の場合は、聞こえていれば(パイルは別)ほぼQSO出来ています。

今の環境では、日中にアンテナを完全に振り出すのは難しそうですので、QRV出来るのは陽が落ちてからになります。
7MHzがストレスなく使えるのはありがたいことです。

QSYも簡単で、慣れたら数十秒で隣のBANDに移動することが出来ます。
当初、同社のHF20CLやHF30CLの購入も考えていましたが、モノバンドのモービルホイップを何本も購入するよりよっぽど安くつくと思います。

いやいや、2mに満たないエレメントで、こんなに飛ぶとは思っていませんでした。
これが正直な感想です。

SD-330

SD330

このポールの先端にSD-330を取り付けて振り出しています。
外壁から離していますので、少しだけ振り出した状態でも、14MHz以上ではT31T等とQSO出来た実績があります。(金具やポールは全て秋葉原のロケットで購入しました)
モービルホイップを振り出す

カウンターポイズです、洗濯バサミが大活躍しています。(笑)
SD-330のカウンターポイズ
2016.10.29 00:15 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
GW3YDX - Wales
2016.10.27
今日は1430JSTから聞いていました。

昨日あれだけ疎遠だった3W2Rとは2BANDでQSO出来ました。
それにしても、夕方のグレーラインパスは色々な所が聞こえてスリリングです。

1648JSTに30mでGW3YDXがL/Pで聞こえているとスポットされたのですが、まさか聞こえないだろうとQSYすると、結構強力に入感していました。
Simplexの行列が出来ていましたが、数百Hz上から高い音色でコールしたら三番目にQSOすることが出来ました。

今日の東京の日の入りは1650JST、QSOしたのは1655JST、正にグレーラインパスです。
ロングパスと言う事は南極をかすめてきたの?

---------------------------
3W2R 17m CW
3W2R 15m CW
YB8RW 17m CW
UA3KW 20m CW
GW3YDX 30m CW

GW3YDX - Wales

GW3YDX - Wales L/P
2016.10.27 22:52 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)

- CafeNote -