西アフリカ方面はダメかも
2016.10.15
今日の夕方、20mでXT2AWやS9YYが入感していましたが、私の設備ではとてもQSO出来るほど強くなく、蚊の鳴くような信号でした。
クラスタの情報によるとL/Pらしいのですが、もし本当だったら我が家の建物の裏側に電波が届いている訳ですから弱くて当たり前です。

S/Pは何時聞こえるの?

経験も浅く、ビームを持っていない当局には解りません。
西アフリカ方向といえば、EU方向のやや左側にそびえ立つ、例のタワーマンションが邪魔をしているのかも知れません。

然しながら、インド洋から南アフリカ方面には障害物がなく、予想通り良く聞こえます。

非常に弱い信号でしたがZS2IとQSO出来ました。
..--..を何回も打たれましたが凹まずにチャレンジして何とか拾ってもらいました。

---------------------------
ZS2I 20m CW
2016.10.15 00:18 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
ZL4YL - New Zealand
2016.10.14
10代の少女が堂々と、17m CWで冷静にSimplexの行列を捌いていました。

ZL4YL - New Zealand
2016.10.14 23:40 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
SD-330のQSY
2016.10.14
SD330のQSYにもだいぶ慣れてきました。

最初はSWをカチカチカチカチ…やっていたのですが、最近はノイズを聞きながらSWを押しっぱなしにして、ノイズが大きくなったところで止めてから、カチッ、カチッと微調整して終了です。
大体いつも14MHzにいますので数十秒程度で、お隣の10MHzや18MHzにQSY出来ます。

ATUと呼ばれる魔法の箱は使ったことがないので何とも言えませんが、箱の中で解決する(マッチングを取る)ATUよりも、エレメントで解決するSD330の方が絶対良いと思います。

SD330 QSY
2016.10.14 13:20 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
30mのT31T
2016.10.14
う゛~ん、お告げ(クラスタ)に踊らされるのは良くありません。
夕方、30mのT31Tが結構強かったので、30分くらい呼び倒していました。

結局、空耳だったのか自分にリターンがあったと思い、サフィックスの訂正を二回繰り返して599と打つも、受信すると次の局とのQSOに入っていました。
普通だったら、JH1CZL TUと私のコールを繰り返して、訂正したよと伝えてくれるのですが…多分空耳でNot in the logでしょう、残念。

17mでH40GCのCQを偶然捕まえたのは幸いでした。

---------------------------
ZL4YL 17m CW
H40GC 17m CW
V85TL 20m CW
2016.10.14 00:01 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
Logger32
2016.10.13
遅まきながら、Logger32をインストールして、これまでのQSOを入力しました。
細かな使い方がよくわからなくても、黙って入力しておけば、後でとっても役に立つ便利なツールです。

Logger32
2016.10.13 22:59 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
ストレスなく使えそうです
2016.10.13
先程、40mでSM4OTIのCQをコール!
よりによってリターンのタイミングで、例の山手線の59+のノイズが襲ってきて全く判明不能。
ノイズが収まって、まだCQを出していたのでもう一度コール。
名前を交換し合うだけのショートラバースタンプでしたが無事終了。

MDRF(4m×4mのエレメント、地上高は今とほぼ同じ35mくらい)は太平洋の局にもQRZを連発されて凹んでいたのですが…。
SD330、どうやら7MHzでもストレス無く使えそうです。

それにしても、山手線のノイズ…大事な局面で襲ってこないことを願うばかりです。

---------------------------
SM4OTI 40m CW

SM4OTI 40m CW
2016.10.13 00:30 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
T31TとEA8TL
2016.10.12
今朝は0530JSTに無理やり起きて、わざわざベランダに出てアンテナを振り出して30mを聞いてみました。
クラスタによるとS9YYは今日も出ているようですが、59+のノイズで全く話になりません。
とっととリグの電源を落としてアンテナを収めてベッドに向かって二度寝です。

日の出の時間があのノイズでは、早起きしても意味ありません…明日も聞くかは未定。

今日は午後から出かけるため、支度をし終わって少しだけ時間があったのでクラスタを覗いてみたら20mに直行せよとのお告げがありました。
T31Tが入感しているので向かえとのこと。
ベランダからアンテナを振り出さなくても聞こえていたので、ほんの少しだけ給電点が外壁から離れる程度にアンテナを振り出してコールすると一発でリターンがありました。

二つ発見があり、アンテナがこの位置だと17mのSWRがストンと落ちていました。(逆に20mのSWRが完全に落ち切らなくなっていました)
そして、階下から見上げ見ても全然目立ちません。
平日の日中は17mで近場を稼げそうです。

夕方、戻ってから20mを聞くと今日もEA8TLが出ているようです。
昨日より信号が強く、Simplexの行列が出来ていました。
並んでいると、7~8人目に何とかQSO出来ました。

昨日のもやもやを解消して美味い酒を呑んでいます。
明日の朝は飲み方次第で…。

---------------------------
T31T 20m CW
EA8TL 20m CW
2016.10.12 23:22 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
H40GC - Temotu Province
2016.10.12
30mのQSOは無事にログインしていました。
SD330をベランダに設置したばかりで、飛んでるのか?チェックでしたが、飛んでいました。

【追記】
ZL4YLとのQSOの後、偶然CQを発見した17mもOKでした。

H40GC - Temotu Province
2016.10.12 22:36 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
EA8TL LP?
2016.10.12
今日は1730JSTからアンテナを振り出してワッチ開始。
20mでJAのIOTAとQSOした後、30mに下りました。

早速、EA8TLのCQを発見してコールするも、またまたノイズとQSBに埋もれてQSOには至らず。(たぶん)
私がもたついている間にJAの2局が簡単にQSO…。
皆さん、耳と飛びが素晴らしい。

そのうち若干信号が上がってきたので、もう一度コール!
う~ん、あいつは耳が悪いと思われたのか、QSO B4なのか、CQを連発、残念です。

諦めて、40mに下りてT31Tのパイルに参戦するも、どこで拾っているのか全くわからないので、突撃ポイントを模索している間にT31TはQRTと打ってどこかに逃亡…。
タイミングが悪い日ってありますね。

クラスタをふと見るとJG7PSJ局が20mで、さっきのEA8TLをスポット。
コメントにはLPとあります、さっきの30mの信号もLPかいな?心からビームが欲しいと思う瞬間です。


ウォーキングから帰ってシャワーを浴びて、今度は浮気せずに20mを中心にワッチ。
またまた弱~い信号で高速のCQを発見、3B9FR - Rodriguez Is.でした!
双方559を送って今度は間違いなくQSO出来たでしょう。

やっぱり、一つのBANDをじっくり舐めるように聞くのがいいかも知れません。

そう思っている間にW3LPLのお告げがありました、40mにH40GCが現れたので向かえとのこと。
早速QSYして聞いてみると結構強い!呼ぼうとした瞬間、親切なJA局がクラスタにスポット…。
あっという間に火が付きました。(私も親切にスポットする派なので文句は言えません)

結構信号が強くてリターンも明瞭に判別できるので呼び続けていましたが、突然59+のノイズに襲われました。
このノイズ、今日はっきり原因がわかりました。
どうやら、山の手線の電車が大塚駅に到着する度に、電車によっては59+のノイズを撒き散らしているようです。
この現象は、40mだけで30mと20mは影響ないようです。

か細い信号をモノにするには、まだまだやることがあると感じた次第です。

・SD330のエレメント延長
・カウンターポイズの増強
・ノイズの駆逐

一つ一つ潰して行きましょう。

---------------------------
JR5JAQ/6 20m CW
HA9RT 20m CW
3B9FR 20m CW
OM50CND 20m CW
2016.10.12 00:51 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)

- CafeNote -