EI4KF - Ireland
2016.10.10
今朝の30mのS9YYは聞いていたら出来たのでしょうか?

日の出の一時間前に目覚ましをかけていたのですが、アラームを不機嫌に消したことしか覚えていません。(早起きは苦手です)

夕方、薄暗くなって1700JST頃から20mを聞いていました。
クラスタを見ると今日もSV2ASP/Aが出ていたようです。

ローエッジを聞いていたら薄い信号でCQが聞こえています。
QSBやノイズもあって、なかなかコールが取れなかったのですが、何とかEI4KFと判明。
コールするもQSBの底に入って私への応答なのか判別出来ず、放置しているとJH1CZL 559と打っているのを確認しました。
こちらからも559を送り交信成立。

EUの奥にも電波は届いているようで安心しました。

それにしても、リアルタイムログですか?
便利ですねぇ。

EI4KF - Ireland
2016.10.10 19:04 | URL | Wkd/Cfm | Track Back (0) | Comments (0)
SD330 飛びます
2016.10.10
SWR騒動もカウンターポイズを張ることで落ち着いたので、早速30mから聞き始めました。

聞き始めたのは1800JSTだったでしょうか?
T31Tが30mでCQを出していましたが、すぐにQSYしてしまいました。

あちゃ、何時でも100Wで送信できるよう常に臨戦態勢でいないといけませんね。

丁度、お客さんから電話がかかってきて20分程度QRX。
クラスタを見るとLU1FAMがスポットされています。
ダイヤルを回して聞いてみると若干弱いけどQSO出来そうです。
JA8の局がコールしていましたが、リターンがあるのに全然応答無し…これを三回繰り返していました。(苦笑い)

呼ばなくなったので少し間をおいて私がコール、一発でJH1CZL 599と返ってきました。
3年ぶりのQSOだったので、思わず599に続けてFBと打ちました。

引っ越してきてからの初QSOはアルゼンチンでした。
恐らく、こちらは夕方、向こうは日の出のグレーラインパスでしょう。

更に聞いていると上の方でパイルが聞こえます。
H40GC Temotuです!
UPで2~3回呼んだらQSO出来ました。

SD330、結構飛ぶと思います。

1900JSTを回って、40mを聞き始めた頃にノイズがS9まで振れてきました。
集合住宅ですので、皆さん帰宅してからTVをつけたりレンジでチンしたりして、生活ノイズを出しているのだと思います。

問題は40mの飛びなのですが、今日は近場の局としかQSOできませんでしたが、MDRFより飛んでいると思います。
以前使用していたMDRFは40mはほとんど使い物にならず近場の局にすらQRZを連発されていました。(JR4PUR時代に40mでZL8X - Kermadec Is.とQSO出来たのは奇跡です)

40m~20mがまともに使えれば結構遊べます。
SD330いいかも知れません。

【追記】
B5/JJ1TBB局とのQSOは、泥酔していて支離滅裂だったと思います。(失礼いたしました)
TKS QSO VAと打たれたのに対して、何を打ったのかあまり覚えていません。
GE MARKと打ったような…、コールサインを反復したような…。

---------------------------
LU1FAM 30m CW
H40GC 30m CW
B5/JJ1TBB 40m CW

グレーラインパス
2016.10.10 00:06 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)
SD-330のカウンターポイズ
2016.10.09
昨日、SD-330にカウンターポイズを1本張っただけで見事にストンとSWRが落ちたので、ベランダの床にラジアルを這わすのは止めて方向転換です。(ラジアルやアースや接地などの言葉遊びは置いといて…)

給電点に接続していた5m×15本のラジアルを5本だけ残して、ベランダの床から10cmと20cm離し、外壁から10cm離した位置に、写真のように3本と2本に束ねたカウンターポイズを張りました。
相変わらず、18MHz以上のSWRは下がり切りませんが、14MHz~7MHzは落ちています。
短い線を別方向に張れば落ちるのでしょうが、それより早くQRVしたくて、ここまでにしました。(そもそも、我が家の狭いベランダに別方向なんて存在しませんが Hi)

試したい長さのカウンターポイズがありますので、後日またいじってみようと思います。
カウンターポイズ

・SD330の給電部、フロートバランはFT-240-#43に4回巻
・カウンターポイズの配線は、この時点ではぶらぶらさせているが、後にパイプに密着させることでSWRがストンと落ちた(何故かは不明)
SD330 給電部
2016.10.09 23:20 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
ACライン・フィルター
2016.10.09
覚書です。

FT-240-#43にキャンセル巻10回。
完成品も売っていますが結構なお値段します。

FT-240-#43 ACライン・フィルター
2016.10.09 01:02 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
接地アンテナの洗礼を受ける
2016.10.08
いやいや、疲れました。
朝から10年ぶりにハンダごてを握って、同軸ケーブルにコネクターを半田づけしたり、各種フィルタを作っていました。

全ての接続が終わり、ドキドキしながらSD330をベランダの外に振り出してリグの電源を入れると…。
聞こえます、聞こえます、久しぶりに聞く独特のノイズ…。

でも、SWRを下げようとコントロールSWをカチカチいじるも、ほとんどのBANDでSWRが2以上です。
一番下がった18MHzでも1.8くらい。

う~ん、一体何が起こっているのか?

ラジアルは、5m×15本をベランダに這わせています。
SD330は自分自身が伸び縮みしてマッチングを取るので、全然心配していなかったのですが…。

は~、がっくり落ち込んでしまいました。

とりあえず、朝から飲まず食わずで作業していたので、肩を落としながらビールの買い出しに出かけました。(現実逃避とも言います)

戻ってから、やけ酒を飲んでいましたが、一点だけ思うところがあり、早速ベランダに出て、ラジアルを1本だけ外壁やベランダに接触させず、宙に浮かせてカウンターポイズとしてみました。(ラジアルを宙に浮かせたらカウンターポイズなのか?と、突っ込まれそうですが…)

ラジアル、アース、接地、カウンターポイズ…言葉より実践です。

結果は?

下がりました!
7MHz~14MHzは、すこーんと1.1まで下がります。
18MHz以上は下がっても1.8位までですが、長さと張り方を調整すれば何とかなるでしょう。

各BANDを聞いた限りですが、十分使えそうです。
7MHzではJT1COが59+で聞こえていました。
コンテストでしょうか? CQ TEST OCと打っていたような?

明日はカウンターポイズの長さと、張る位置の調整で一日かかりそうです。


※覚書
TXとLPFの間に入れるCMF。
同軸は5D-2V、FT-240-#43に8回、FT-240-#61に4回。
(TX→CMF→LPF→SWR計→ANT)
コモン・モード・フィルタ CMF
2016.10.08 23:33 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
S/N比向上のため
2016.10.07
今日はシャックの電源回りの整備をしました。

部屋の中の全てのコンセントに、教科書(アパマンハム・ハンドブック JJ1VKL著)に紹介されていたTOKIN製のTA-2060を取り付けます。(秋葉原のラジオデパートの斎藤電気商会で購入しました)
そして、リグへ電源を供給するコンセントには一切他のプラグは差し込まず、リグ専用とします。
更に、フェライト・コアFT-240-#43にキャンセル巻をしたACラインフィルターを入れます。

誰かのブログに書いてありました。
「TVI対策はノイズ対策にもなる」と。

その通りだと思います。
明日もゴソゴソとQRVの準備です。

TOKIN TA-2060
2016.10.07 22:06 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
舌の根も乾かぬ内に…
2016.10.07
舌の根も乾かぬ内に…いやいや、SD330を使用してもいないのに早くも別のアンテナの事を考えていました。

今日、天気が良かったので先日ベランダに設置したポールにSD330を仮止めしてベランダの外に振り出してみました。

う~ん、結構目立ちます。
そして、重い…。

14MHzをメインに、10MHzや18MHzにも出たいのでSD330を選択したのですが…重い。

最上階の角部屋なので、マイクロバートアンテナを屋上に突き出すという荒業も考えたりしました。(こっちの方が目立たないと思う)
何せ、昼間もアンテナを出しっぱなしで、ハイバンドでオセアニア辺りを稼ぎたいという、アパマンの分際で贅沢なことを目論んでいます。

何れにせよ、まずはSD330をきちんと設置して使ってみましょう。
そして、HF20CL(14MHzセンターローディングモービルアンテナ)を買ってきて比べてみましょう。
あまり差がないようであれば、HF20CLを屋上に突き出しっぱなしという方法もありかもしれません。(雨の日も運用したいし)

QSYの度に、HF30CLやHF16CLに差し替えて運用しているかもしれません。

MicroVertも一回試してみたい…。
妄想は尽きません。

Diamond SD-330
2016.10.07 01:35 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
アルシラの星 - 谷村新司 & Kalafina
2016.10.05
ここ最近、ウォーキング中に私の頭の中で流れている曲です。
元々、CSの日テレNEWS24で時間調整の時に流れていた局で、毎日聞いていたので耳に残っていました。

昭和のマンガの主題歌を彷彿させる歌声、薄っぺらい横文字は使用せず、全て日本語の歌詞…。

良いですね、何回でも聞けます。

2016.10.05 22:22 | URL | Music | Track Back (0) | Comments (0)
JK3ZXK/5 - Shodo Island AS-200
2016.10.04
何気にDX-Worldを覗いたら、マルペロ級の上陸画像に目を奪われました。
何処かと思えば日本の小豆島でした。(苦笑い、失礼)

DXCCが膠着状態の局の遊びであるIOTAには興味ありませんが、方々で行われているIOTA DXpeditionは、ありがたく"Entity"として呼ばせて頂きましょう。

http://dx-world.net/jk3zxk-5-shodo-island-as-200/

JK3ZXK/5 – Shodo Island AS-200
2016.10.04 15:36 | URL | DX/DXCC | Track Back (0) | Comments (0)

- CafeNote -