DX Calendar by DXNews.com
2017.02.09
使いやすいDXカレンダーを見つけました。
いつも巡回しているブログの情報で知りました。

Codeを自分のサイトに貼りつけて使ってもいいみたいなので、早速TOPページに表示させるようにしました。
また、右サイドのLinksにも追加しました。

これは便利ですね。

http://www.jh1czl.net/dx_calendar.html

DX Calendar by DXNews.com
2017.02.09 00:10 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
モールス練習ソフトを使用したCWの受信練習方法 - CWTW-Pro by JR4QPV
2017.02.02
覚書です。

JR4PUR時代にやっていた、CWの練習方法を思い出しました。
もちろん、40WPM(200字/分)超えの恐ろしいスピードで打ってくるDX局が何を言っているのか少しでも理解するためです。(完全にコピーは出来ませんが…)
パイルやCQでの指定や、QSY先が解るようになればQSOのチャンスが広がります。

JR4QPV局が提供されている、モールス練習ソフト「CWTW-Pro」の任意のテキストファイルを読み込んで符号にする機能を利用します。

http://jr4qpv.my.coocan.jp/

このテキストファイルに下記のように、自分のコールサインから始まって、CWでよく使用される略符号やQ符号を6個づつ記述します。
練習方法は、音を聞きながら表示されるテキストをぼんやり眺めて、今何を打っているのか見ながら毎日聞くだけです。

こうやって略符号を一つの塊としてリズムで覚えていきます。
完全に身体にしみこんだ符号はテキストから消していけば良いでしょう。

昔、JT1COが連発していた"CFM"は完全に身体が覚えてしまいました。
45WPMで"CFM"と打たれても一瞬で"CFM"と認識できます。
この一瞬で認識出来る語彙を増やしていくだけだと思います。
また、お空で聞いた苦手な(打たれたら一瞬固まってしまうような符号)符号を追加していきます。

私は数字の"7"と"8"が苦手で、RST 589と打たれたら一瞬固まってしまうので、テキストに"589"や"579"を入れています。(苦笑い)

コツは、いきなり36WPM(180字/分)から聞き始めて、次の日は181字/分にスピードを上げて、毎日1字/分づつスピードを速くしていきます。
この荒療治により、いつの間にか30WPMは遅く感じられ、40WPMを超える恐ろしいスピードで何か打たれも、少なくとも何を言っているのかある程度解るようになります。

私は、599TU専門でCW DXCC集めが目的なので、ラバースタンプQSOを好んでするつもりはありませんが、少なくとも"CQ USA"と打っている局を呼び倒すことは無くなりました。(苦笑い)

--------------------------- 練習用テキスト ---------------------------

JH1CZL JH1CZL JH1CZL JH1CZL JH1CZL JH1CZL
6M 6M 6M 6M 6M 6M
10M 10M 10M 10M 10M 10M
12M 12M 12M 12M 12M 12M
15M 15M 15M 15M 15M 15M
17M 17M 17M 17M 17M 17M
20M 20M 20M 20M 20M 20M
30M 30M 30M 30M 30M 30M
40M 40M 40M 40M 40M 40M
80M 80M 80M 80M 80M 80M
160M 160M 160M 160M 160M 160M
50MHZ 50MHZ 50MHZ 50MHZ 50MHZ 50MHZ
28MHZ 28MHZ 28MHZ 28MHZ 28MHZ 28MHZ
24MHZ 24MHZ 24MHZ 24MHZ 24MHZ 24MHZ
21MHZ 21MHZ 21MHZ 21MHZ 21MHZ 21MHZ
18MHZ 18MHZ 18MHZ 18MHZ 18MHZ 18MHZ
14MHZ 14MHZ 14MHZ 14MHZ 14MHZ 14MHZ
10MHZ 10MHZ 10MHZ 10MHZ 10MHZ 10MHZ
7MHZ 7MHZ 7MHZ 7MHZ 7MHZ 7MHZ 7MHZ
3.5MHZ 3.5MHZ 3.5MHZ 3.5MHZ 3.5MHZ 3.5MHZ
1.8MHZ 1.8MHZ 1.8MHZ 1.8MHZ 1.8MHZ 1.8MHZ
569 569 569 569 569 569
579 579 579 579 579 579
589 589 589 589 589 589
7 7 7 7 7 7
8 8 8 8 8 8
88 88 88 88 88 88
[AC] [AC] [AC] [AC] [AC] [AC]
[AS] [AS] [AS] [AS] [AS] [AS]
[VA] [VA] [VA] [VA] [VA] [VA]
ABT ABT ABT ABT ABT ABT
AF AF AF AF AF AF
AGN AGN AGN AGN AGN AGN
ALL ALL ALL ALL ALL ALL
ALSO ALSO ALSO ALSO ALSO ALSO
AMP AMP AMP AMP AMP AMP
ANI ANI ANI ANI ANI ANI
ANT ANT ANT ANT ANT ANT
AS AS AS AS AS AS
AT AT AT AT AT AT
73 AWDH AWDH AWDH AWDH AWDH AWDH
BAND BAND BAND BAND BAND BAND
BCNU BCNU BCNU BCNU BCNU BCNU
BIG BIG BIG BIG BIG BIG
[BT] [BT] [BT] [BT] [BT] [BT]
BTR BTR BTR BTR BTR BTR
BTU BTU BTU BTU BTU BTU
BTW BTW BTW BTW BTW BTW
BURO BURO BURO BURO BURO BURO
CALL CALL CALL CALL CALL CALL
CFM CFM CFM CFM CFM CFM
CIAO CIAO CIAO CIAO CIAO CIAO
CITY CITY CITY CITY CITY CITY
CL CL CL CL CL CL
CLD CLD CLD CLD CLD CLD
CLDY CLDY CLDY CLDY CLDY CLDY
CLG CLG CLG CLG CLG CLG
CLR CLR CLR CLR CLR CLR
CNT CNT CNT CNT CNT CNT
CONDX CONDX CONDX CONDX CONDX CONDX
CPI CPI CPI CPI CPI CPI
CU CU CU CU CU CU
CUD CUD CUD CUD CUD CUD
CUL CUL CUL CUL CUL CUL
CW CW CW CW CW CW
DAY DAY DAY DAY DAY DAY
DP DP DP DP DP DP
DR DR DR DR DR DR
DSW DSW DSW DSW DSW DSW
DWN DWN DWN DWN DWN DWN
EAST EAST EAST EAST EAST EAST
ELE ELE ELE ELE ELE ELE
EU EU EU EU EU EU
FER FER FER FER FER FER
FINE FINE FINE FINE FINE FINE
FM FM FM FM FM FM
FREQ FREQ FREQ FREQ FREQ FREQ
GB GB GB GB GB GB
GD GD GD GD GD GD
GN GN GN GN GN GN
GND GND GND GND GND GND
GP GP GP GP GP GP
GUD GUD GUD GUD GUD GUD
HI HI HI HI HI HI
HNY HNY HNY HNY HNY HNY
HPE HPE HPE HPE HPE HPE
HQ HQ HQ HQ HQ HQ
HR HR HR HR HR HR
HRD HRD HRD HRD HRD HRD
HV HV HV HV HV HV
HVE HVE HVE HVE HVE HVE
HVY HVY HVY HVY HVY HVY
IN IN IN IN IN IN
IOTA IOTA IOTA IOTA IOTA IOTA
IT IT IT IT IT IT
KHZ KHZ KHZ KHZ KHZ KHZ
LAST LAST LAST LAST LAST LAST
DR LBR LBR LBR LBR LBR LBR
LID LID LID LID LID LID
LIKE LIKE LIKE LIKE LIKE LIKE
LKG LKG LKG LKG LKG LKG
LP LP LP LP LP LP
LSN LSN LSN LSN LSN LSN
LTL LTL LTL LTL LTL LTL
LW LW LW LW LW LW
MH MH MH MH MH MH
MHZ MHZ MHZ MHZ MHZ MHZ
MI MI MI MI MI MI
MNI MNI MNI MNI MNI MNI
MOVE MOVE MOVE MOVE MOVE MOVE
MTRS MTRS MTRS MTRS MTRS MTRS
MV MV MV MV MV MV
NA NA NA NA NA NA
NAME NAME NAME NAME NAME NAME
ND ND ND ND ND ND
NEXT NEXT NEXT NEXT NEXT NEXT
NG NG NG NG NG NG
NICE NICE NICE NICE NICE NICE
NIL NIL NIL NIL NIL NIL
NITE NITE NITE NITE NITE NITE
NO NO NO NO NO NO
NORTH NORTH NORTH NORTH NORTH NORTH
NW NW NW NW NW NW
OC OC OC OC OC OC
OF OF OF OF OF OF
OM OM OM OM OM OM
ON ON ON ON ON ON
ONLI ONLI ONLI ONLI ONLI ONLI
OPEN OPEN OPEN OPEN OPEN OPEN
OT OT OT OT OT OT
OUT OUT OUT OUT OUT OUT
PED PED PED PED PED PED
FB PRIMA PRIMA PRIMA PRIMA PRIMA PRIMA
PSE PSE PSE PSE PSE PSE
PSED PSED PSED PSED PSED PSED
PWR PWR PWR PWR PWR PWR
QRA QRA QRA QRA QRA QRA
QRH QRH QRH QRH QRH QRH
QRL ? QRL ? QRL ? QRL ? QRL ? QRL ?
QRM QRM QRM QRM QRM QRM
QRN QRN QRN QRN QRN QRN
QRO QRO QRO QRO QRO QRO
QRP QRP QRP QRP QRP QRP
QRQ QRQ QRQ QRQ QRQ QRQ
QRS QRS QRS QRS QRS QRS
QRT QRT QRT QRT QRT QRT
QRU QRU QRU QRU QRU QRU
QRX QRX QRX QRX QRX QRX
QSB QSB QSB QSB QSB QSB
QSO B4 QSO B4 QSO B4 QSO B4 QSO B4 QSO B4
QSP QSP QSP QSP QSP QSP
QSX QSX QSX QSX QSX QSX
QSY QSY QSY QSY QSY QSY
QTC QTC QTC QTC QTC QTC
RAIN RAIN RAIN RAIN RAIN RAIN
REPT REPT REPT REPT REPT REPT
RIG RIG RIG RIG RIG RIG
RNG RNG RNG RNG RNG RNG
RPT RPT RPT RPT RPT RPT
RST RST RST RST RST RST
RTTY RTTY RTTY RTTY RTTY RTTY
SA SA SA SA SA SA
SAN SAN SAN SAN SAN SAN
SAYONARA SAYONARA SAYONARA SAYONARA SAYONARA SAYONARA
SIG SIG SIG SIG SIG SIG
SIGS SIGS SIGS SIGS SIGS SIGS
SK SK SK SK SK SK
SKED SKED SKED SKED SKED SKED
SN SN SN SN SN SN
SO SO SO SO SO SO
SOLID SOLID SOLID SOLID SOLID SOLID
SOUTH SOUTH SOUTH SOUTH SOUTH SOUTH
SRI SRI SRI SRI SRI SRI
SSB SSB SSB SSB SSB SSB
STN STN STN STN STN STN
SURE SURE SURE SURE SURE SURE
SVC SVC SVC SVC SVC SVC
TAKE TAKE TAKE TAKE TAKE TAKE
TDA TDA TDA TDA TDA TDA
TEMP TEMP TEMP TEMP TEMP TEMP
THIS THIS THIS THIS THIS THIS
TIME TIME TIME TIME TIME TIME
TKS TKS TKS TKS TKS TKS
TMW TMW TMW TMW TMW TMW
TO TO TO TO TO TO
TOKYO TOKYO TOKYO TOKYO TOKYO TOKYO
TT TT TT TT TT TT
UFB UFB UFB UFB UFB UFB
USA USA USA USA USA USA
USE USE USE USE USE USE
VERT VERT VERT VERT VERT VERT
VFB VFB VFB VFB VFB VFB
VIA VIA VIA VIA VIA VIA
TNX VLN DK VLN DK VLN DK VLN DK VLN DK VLN DK
VY VY VY VY VY VY
WEST WEST WEST WEST WEST WEST
WKD WKD WKD WKD WKD WKD
WL WL WL WL WL WL
WPM WPM WPM WPM WPM WPM
WX WX WX WX WX WX
XYL XYL XYL XYL XYL XYL
YAGI YAGI YAGI YAGI YAGI YAGI
YDA YDA YDA YDA YDA YDA
YL YL YL YL YL YL
JH1CZL JH1CZL JH1CZL JH1CZL JH1CZL JH1CZL

モールス練習ソフト - CWTW-Pro by JR4QPV


モールス練習ソフト - CWTW-Pro 環境設定画面
2017.02.02 21:16 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (2)
Logger32 - NCDXF Beacons Window
2017.01.30
覚書です。

今日、18MHzを聞いていてビーコンの存在を思い出しました。
今、何処のビーコンが聞こえているのか表示するサイトがあったと思い、ネットで探していたらLogger32でも表示されることを知りました。

Logger32は便利ですね、私はマニュアルを見ないで使用していますので、まだまだ見たことが無い便利な機能がてんこ盛りなんでしょう。

因みに今日、0730Z頃に18MHzで私の設備で聞こえたビーコンはZL6BとVR2Bでした。
いつもRR9Oは聞こえていたと思うのですが、壊れているのでしょうか?それともCONDXが悪すぎるのでしょうか?

Logger32 - NCDXF Beacons Window
2017.01.30 18:10 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
良好な接地を求めて部材を購入するも…
2017.01.06
ベランダに接地アンテナを展開されている諸先輩方が辿り着いたのは、"線"ではなく"面"を使用して良好な接地を得るということのようです。

一度試してみたくなり部材の買い出しに出かけました。
近所に100円ショップがあると便利ですね、アルミテープが100円、アルミシートは300円でした。

意気揚々と戻ってきて、念のためテスターで調べてみると、アルミテープの表面は導通していますが、粘着面は導通していません。
ここまでは許せるのですが、アルミシートは全く導通していません。

これアルミじゃないでしょ!?

「導通してね~ぞ!」とクレームを入れるのも一興ですが、一般の方から見ると頭のおかしい人と思われるので止めときました。
安いので次の候補を購入してテスターをあててみましょう。
車の日よけやBBQの金網等、何でもそろっています。

明日から広島に帰省するので、続きは戻ってきてからですね。

アルミテープ
2017.01.06 10:47 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
今日はボウズ
2016.12.13
今日は7MHzのノイズが酷くて、あまり熱心に聞いていません。
時折、59+で襲ってくる山手線のノイズが止んでも、あまり変わらないほどノイズレベルが高かったと思います。

JR4PUR時代は10MHzがいまいちで、7MHzは全く飛ばなかったので冬場の夜も14MHzをずっと聞いていた記憶があります。
それでも、EU方向には開けていたので何かしら聞こえていたと思いますが、今の環境ではさっぱり聞こえてきません。
(当時と比べてSSNが低いことも影響していると思われます)

30mは以前に比べて格段に飛びは良くなったと思うのですが、何せQRVしている人口が少なすぎです。

今、頭の中で絵を描いている事は、日中でも目立たなく14MHzにQRV出来るアンテナを考えています。
候補は、14MHzのマイクロバートかモノバンドのモービルホイップ(HF20CL)を屋上に突き出すように設置出来ないかと企んでいます。

ローバンドのノイズやジャミングにはうんざりしています。
2016.12.13 01:52 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (8)
ベランダにカウンターポイズを4本追加しました
2016.11.28
昨日の夜は2200JSTを過ぎても雨がやまなかったのでQRVしていません。
何となく今年のCQ Worldwide DX Contest, CWが終わりました。
昨年QRVしていないので、CONDXが良いのか悪いのかよくわかりません。

何れにせよ、40mでカリブ海とQSO出来たので満足です。

*********

さて、配線が余っていたのでベランダのカウンターポイズを4本追加しました。
同じ位置に張っても芸がないので、ベランダの床と良質なコンデンサーを形成してくれたらと4本バラして床から20cmほど離して張りました。(床から10cmの距離では14MHzのSWRが1.7から落ちなくなったため、何故かは不明)
もちろん、先端はコロナ放電&ノイズ対策のため丸く処理しました。

張り終わった直後、20mでVK9NFが聞こえていたので呼んでQSOしました。
カウンターポイズの効果の程は正直良く解りません。

*********

夕方、あらためて1650JSTから30mを聞き始めました。
ZL7/W1GXIのCQが聞こえてきたので呼んでQSO、その後1720JST頃に10110.0KHzでコンテストに出ていた8R1/AG6UTがクラスタにスポットされたのでコールしていたら何かおかしい…明らかにXX9TXNと打っています。
自分の耳で聞いてコールを確認しないとダメですね。
その後、JAのクラスタにXX9TXNが上がってカオスになってきたので呼ぶのを止めました。
しばらくの間、10110.0KHzでは8R1/AG6UTとXX9TXNが、お互いUPでさばいている状況が続いていました。

30mに居ながら何気に20mを聞くと、14010.0KHzで恐ろしいスピードのCQが聞こえています。
絶対に4O/KC0Wだと思ってQSYするもEA8/UA5Cでした。
中々こちらのコールをコピーしてもらえなかったのですが、わざわざ1KHz上に上がってくれて、そこでようやくQSO出来ました。
きっとQRMがひどかったのでしょう。
少しして、EA8/UA4WWが14013.0KHzに出てきましたが、呼んでもQSO出来ませんでした。
何故かここ数日、EA8ばかりとQSOしていますので、もういいでしょう、おなか一杯です。

北風がびゅうびゅう吹き荒れてきたのでアンテナを収めて店じまいです。

---------------------------
VK9NF 20m CW
ZL7/W1GXI 30m CW
EA8/UA5C 20m CW

SFI=83 SSN=31 A=10 K=1

※右側の束ねて張っている5本が従来のカウンターポイズ、左側の4本が追加分
ベランダ カウンターポイズ
2016.11.28 22:46 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
カウンターポイズのノイズ対策
2016.11.25
SD330の延長エレメントの先端をキャパシティハットにすることでノイズ対策に一定の効果があったので、もしかしたらカウンターポイズにも効果があるのではないかと思い試してみました。

カウンターポイズもアンテナの一部だということは周知の事実であり、先端の電圧は高く、とがっていたらノイズを拾いそうな気がして、画像のように丸く処理してみました。

結果は…体感出来るほど効果はありませんでした。(効果があるのか無いのかよくわかりません)
釣り竿のエレメントの先端は空中に浮かんでいるので、外来ノイズがウヨウヨいるのに比べて、カウンターポイズの先端はベランダの中ですからノイズを拾いにくいのかも知れません。

まあ、自分が閃いたことを試してみて、一喜一憂するのもアマチュア無線の楽しみの一つですね。

*********

今日も、CQ Worldwide DX Contest, CWの前夜らしく、ありえない強さの局や、恐ろしいスピードの局が聞こえていました。

K-indexとA-indexが高いですね。
週末はおとなしくしていてほしいです。

---------------------------
R5ZZ 20m CW
EA8/RO4F 20m CW
EA8/RM9I 20m CW
KH0/DF9LJ 20m CW

SFI=79 SSN=12 A=24 K=5

カウンターポイズのノイズ対策
2016.11.25 20:56 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
SD-330改造の最終形態(たぶん)
2016.11.24
14MHzでSWRが気持ちよく落ちないのと、釣り竿が若干垂れ下がっているのがどうしても気になり、竿の先端を1本外してエレメントを短くしました。
延長エレメントは3.3mくらいになったと思います。(先端に直径10cmのキャパシティハットあり)
結果は思惑どおり14MHzのSWRがスコーンと気持ちよく落ちるようになりました。

これで、しばらくアンテナはいじらないでしょう。

明日の朝は雪が降るらしいのですが、アンテナを振り出し式にして正解です。
グラスファイバーは強風より着雪が怖いです。(実際折れました)

---------------------------
P29LL 20m CW

SFI=77 SSN=0 A=12 K=2

SD-330改造
2016.11.24 00:14 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)
キャパシティハット(容量環)によるノイズ軽減効果
2016.11.22
キャパシティハットと聞くと、1.9MHzあたりでエレメントの長さを無理やり確保する手段だという印象でしたが、ノイズ対策にもなるとの情報を嗅ぎつけました。
エレメントの先端がとがっているとコロナ放電によるノイズが発生しやすく、円形にすると放電が発生しにくいと理解しました。

老舗のアパマンハムの皆さんは、既にキャパシティハットの恩恵に気が付いておられるご様子で、色々な情報を拝見しました。
要はエレメントの先っぽを丸くしてあげればいいみたいで、直径10cm程度でも効果があるようです。

早速、直径10cmの手作り感満載のキャパシティハットを作ってみました。

効果は…、劇的にノイズが減ったわけではないですが、7MHzと10MHzが静かになった感があります。(Sメーターで2くらい減った感じです)
14MHzでは変化は体感できませんでした。
59+の山手線ノイズは相変わらずで全く効果ありません。

気になるのは、14MHzでのSWRが更に落ちにくくなったことです。
エレメント長は十分にあるのに、キャパシティハットを繋いだことで更にお腹一杯になったのでしょう。
釣り竿の先端が若干垂れ気味になったので、もう1本先端部分を除いてエレメントを短くしてもいいでしょう。

SD330の改造は、もう終わりかなと思っていたところでしたが、まだまだ知らない事がいっぱいありますね。

---------------------------
ZL4YL 40m CW
YB4IR/8 20m CW
XX9TKB 30m CW
TA3/LZ3ND 40m CW

SFI=75 SSN=0 A=6 K=2

SD-330 キャパシティハット
2016.11.22 23:49 | URL | Equipment | Track Back (0) | Comments (0)

- CafeNote -